日々の症例

寝転がる瞬間に痛い腰痛と睡眠障害

2017年03月25日

 
女性なら誰もが一度は履いたことがあるだろう、ハイヒール。

仕事柄、非常に高い(10センチ以上)ハイヒールを履いて仕事をされている方が来院されました。


男である僕にはハイヒールを履く辛さがわかりませんが、見た目としても辛そうですね。


症状は、腰痛。
それも、常に重だるい腰痛だけではなく、寝転がる瞬間も寝ている間も非常に痛いそうです。

しかもその腰痛のせいで、ここ1年くらいはしっかり睡眠をとることができていないということでした。


皆さんは腰痛で睡眠を妨げられたことはありますか?
腰痛でなくても、睡眠を妨げられるのは非常にストレスですよね。

この方も、非常に強いストレスを抱えていました。


腰痛の発症は、ハイヒールを履くような仕事になってからということなので、ハイヒールを長時間履いていることによる姿勢の変化であることは想像できます。
しかしながら、それから1年間全く良くなることもなく、むしろ悪化しているような腰痛の場合は、自律神経に悪影響が出ている可能性が高いです。


ということで、自律神経のバランスを検査すると、交感神経の興奮が強いということがわかりました。

交感神経の興奮が強いということは、体が勝手に緊張状態にあるということです。
勝手に緊張状態になっていると、どんなに施術で筋肉を緩めたとしても、またすぐに筋肉は固まってしまいます。

なぜなら、「固まれ」という命令が常に出ているような状態だからです。

なので自律神経のバランスを整えるような施術を行いました。
施術は非常に低刺激で行います。

その後、交感神経の興奮が多少落ち着いてきた時点で、低刺激で筋肉の調整を行いました。


この施術を1回行っただけで、夜の睡眠が妨げられることはなくなりました。

しかし、腰痛自体はまだ残っていたので、継続して施術を行いました。
自律神経のバランスが取れてきて、睡眠がしっかり取れるようになってくれば回復は早いです。
体が休まる=治癒が働くということです。

この方は2週間で3回の施術を行うことで、寝転がる瞬間の痛みと寝るときの痛みはなくなりました。

ハイヒールを履いて長時間立ってときの腰痛はまだ多少出るものの、長時間立ったときに張りが出る程度で耐えられない程度ではなくなったので、間隔をあけて施術を行うことにしました。


長期間痛みを抱えている方は、このように自律神経のバランスが崩れていて、筋肉の施術だけでは改善されない場合があります。
一度、集中的に自律神経を整えることをオススメいたします。
 


カイロプラクティック 腰痛 自律神経